山吹 美幸
31歳  B:91 W:69 H:89

楽しみにしていた夫婦水入らずの旅行が、夫の仕事で
中止になってしまった為に婦人会主催の温泉旅行に参加。

予定していた旅行で夫と子作りするつもりだったので
排卵日にスケジュールを合わせていたが無駄になってしまった。
その為、今の彼女は排卵期を過ぎて生理間近の状態。

普段はしっかり者だが、酔うと大胆になる様だ
 
里山 紀美子
33歳  B:101 W:75 H:96

産後の湯治を兼ねて婦人会主催の温泉旅行に参加。

身重になるまでは充実したセックスライフを送れていたらしい。
「夫のペニスにピッタリ合う様に仕込まれた体」を自称している。
ただ、妊娠した体では夫に構って貰えなくなったそうで、
悶々とフラストレーションを貯めている。

産後故に、母乳分泌が激しい。




 嶋村 光太郎
29歳 未婚

舞台となる温泉宿を愛用している常連客。

仕事場での疲れをこの温泉宿で癒やすのがお気に入りらしい。
巨乳好きらしく、母乳に興味を示すマニアックさも見せる。
温泉宿でまったりと湯上がりの余韻を楽しんでいた光太郎。
露天風呂の風景を見ながら飲む牛乳の味は格別だ。

すると突然、男湯の脱衣場入り口を開けて泥酔した美幸が一人で入ってきた。

光太郎は慌てて居場所を確認するが、何度見てもそこは男湯。
どうやら酔った勢いで男湯脱衣場に間違えて入ってきてしまった様だ。

しかも、美幸は光太郎を夫と勘違いして近づいてきてしまう。
光太郎が間違いを正そうとする前に、美幸は勘違いしたまま小太郎のペニスを咥えこんでしまったのだ。

人妻の濃厚なフェラチオに、思わず射精してしまう光太郎。

釈明しようとする光太郎に、美幸は「勘違い」にやっと気付く。
しかし、発情したせいか、泥酔のせいか。

美幸は快楽を求めてそのまま光太郎とのセックスを求めてきたのだ。


他人の奥さんに手を付ける罪悪感を感じながらも、美幸の体に魅了された光太郎。

せめて「間違い」だけは犯すまいと「避妊」を気にする光太郎に対し、
美幸は大胆にも陰唇を拡げて挿入中のタンポンを見せる。
危険日は過ぎてしまっていて、もうすぐ生理が来るから「中出し」でも平気だという。

タンポンを引き抜かせるサービスまでして、光太郎を完全に「その気」にさせた美幸。

光太郎と美幸は誰が来るとも知れない公共の脱衣場の中で体を絡ませ合わせた。

美幸の夫の存在を気にしつつも、それが逆に肉体的快楽を高めるという興奮に
光太郎は美幸の中で激しくペニスを抽送させていく。


セックスの途中で、脱衣場に現れた第三者。
あわや、二人のセックスがバレてしまう所だったが、ギリギリの所で
最悪の事態だけは回避できた。

肝を冷やした光太郎を再び「その気」にさせようと美幸は「夫婦ごっこ」を持ちかけた。

「疑似体験でもね、女性を妊娠させちゃう子作りって…。   興奮してこない?」

美幸の様な美女を妻として抱ける事は、男にとって何よりも興奮させられる。
しかも、避妊の気兼ね無く中出し出来る「子作り」プレイである。

光太郎は本物の夫から美幸を寝取る気持ちを一杯に「夫」を演じる。
美幸も子作りをすっぽかされた無念さの為か、演じる「妻」役にも熱が入る。

「はぁ…はぁ…。 アナタぁ…大好きぃ…♪」
「欲しいわ、アナタの赤ちゃん。 光太郎の赤ちゃんが欲しいのっ!」
「お願い、子宮に精液注いで!」

美幸の要望通りに見事に「夫」役を演じきった光太郎。
生理直前の子宮の中に射精して、子作りを堪能した。



美幸と別れると、セックスでの汗を流そうと再び入浴する光太郎。

だが、男湯である筈の露天風呂には別の女性が入浴しており、光太郎を驚かせる。
彼女も美幸と同じグループ旅行のメンバーで、同じ様に泥酔状態だった。

酔った勢いで男湯に入り込んでしまった様だったが、美幸とのセックスを
一部始終知られていたのだった。

「秘密の共有」という形で口止めを提案する紀美子。
つまり、彼女も光太郎とのセックスを求めてきたのだ。

人妻の母乳に惹かれて、紀美子の乳房に吸い付く光太郎。
乳汁を迸らせて、光太郎と紀美子は体を絡み合わせていく…



紀美子の愛欲は美幸のものよりも大胆で淫猥だった。
粘膜の奥まで晒して、互いに性器を愛撫し合う。

余程、紀美子の夫は彼女の体を仕込んだのだろう。
セックス経験では紀美子の方が美幸よりも上らしい。

風俗嬢も真っ青な程の絶妙なパイズリやフェラチオ。
母乳の溜まった乳房の柔らかな感触に、瞬く間に絶頂を迎える光太郎。

そして、いよいよの本番。
紀美子も避妊具無しでのセックスに肯定的だった。
彼女曰く、「産後の体だから当面は排卵が無い」という事らしい。

だが、紀美子とのセックスは光太郎に違和感を感じさせた。
それは彼女が人妻ならではの問題だった。




紀美子の体は夫によって「夫専用」の肉付きに仕込まれていたのだ。
光太郎がペニスを抽送させても、夫以外のペニスで違和感を感じるのは当然だろう。

どんなにペニスを送り込んでも、「夫」の存在を思い知らされる光太郎。
中出しをして、肉体的快感を得られても、美幸の時に感じた「充実感」は得られない。
紀美子の体を「間借りさせて貰った」という虚しさすら覚えてしまうほどだ。

だが、挽回のチャンスはまだ残っていた!





光太郎が紀美子を堕とす様は、是非本編でお楽しみ下さい!




基本CG枚数14枚
差分CG枚数43枚
総枚数   57枚

★断面図シーンは7箇所あります。

税込み940円
当作品を扱って下さるダウンロードショップさんです。
お店のバナーをクリックすると、当作品の販売ページに移動できます。

1月31日発売

1月31日発売
人妻温泉 奥様ただいま入欲中
1月31日発売

1月31日発売